【WBC】日本2連覇 「原斬り」にならなくて良かった

ドラマの筋書きなら「こんな旨くいかないよ。」というくらい綱渡りのような勝負の連続を制して日本は2連覇。

今日もギリギリの勝負になった。韓国戦は なぜかこうなる。

内容的には、再三チャンスをつぶしていて、
15安打も放ちながらの5点だからもっと取れていいんだが、神様が書いた筋書きだからしょうがないな。

追いつかれて延長になった時は「これは韓国のためのドラマかな?」と思ったが、やはりやってくれました。

戦っている選手達のプレッシャーは大変なものだったろう。

結果がすべてだから、周りの声は常にゲンキンなもの。

北京五輪の星野ジャパンでは、戦績というよりバッシングが醜いことになったので、
韓国戦で2回目の敗北を喫したときは、これで終われば、侍ジャパンだけに「原斬り」か。とか不謹慎なことも考えた。

終わってみれば、文句なしの勝利。
日本中を元気にする最高の結末が待っていた。

日本は正真正銘のWBCチャンピオンだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする