【WBC】日本、ついにアメリカをやっつけたぜ

「【WBC速報】侍、米国を撃破! 2大会連続決勝進出」

アメリカを破った。

実力ではまさってもアメリカには勝てない。
そんなところがある日本人だけにアメリカの国技である野球で勝つというのは大きな意味がある。

しかも、アウェイの環境で堂々と勝った。

アメリカ国内ではイマイチ盛り上がっていないとされたWBCだが、球場内観客の「USA」コールは、あれがアメリカの本音。

必死の応援もむなしく敗れ去る姿。
逆の立場なら今まで沢山見てきた光景だ。

前大会では優勝をさらわれながらも日本には勝った(と言った)。
屈辱感は日本が韓国に負けた比ではないかも知れない。

まず、姿勢が悪い。
すべてを失うのが怖いからか、あらかじめ敗北の言い訳を用意して臨むような中途ハンパ。
アンフェアな審判の問題。

なんでも許すのが「自由の女神」のやり方なのかは知らないが、「勝利の女神」がソッポむくのは当然だ。

決勝は日本と韓国。前WBCチャンピオンと北京五輪金メダル国の対戦に。

野球の世界大会でアジア同士が決勝を争う。
時代は変わった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする