【WBC】アメリカは汚い! 日本-米国の球審はアメリカ審判員

【WBC】日本-米国の球審は米大リーグ審判員

WBC準決勝、日本-米国の球審は米大リーグのエンメル審判員だと。

ありえない。
WBCはれっきとした国際大会なんだから、当該チームの国から球審が出るなんておかしい。

際どいボールをストライクと判定するか、ボールと判定するかは、球審の胸一つで決まるもの。

野球なんて、この判定ひとつでゲームが作れるし、壊れるものだ。
どんな理由があってもこれを正当化することはできないはず。

大会運営委員会はストライクゾーンのぶれなどがないようにするため、メジャーの審判員が球審と二塁塁審を務めることを大会前に決めていた。

というが、「ストライクゾーンのぶれ」なんて、あらかじめ審判が確認すればそれでいい。
だいたいメジャーの審判だって個々でそれぞれストライクゾーンが違うというのに。

こんなこと許していたらアメリカに勝てるチームはなくなってしまう。

二塁塁審までアメリカの審判である理由はなんだ?
盗塁も阻止するのか?

前回だって疑惑の判定があって日本はアメリカ戦で泣かされている。
普通だったら、あんなことが二度とないようにルールが作られるところだ。

アメリカはトコトン汚いな。

アメリカに有利な判定によって優勝しても世界はさげすむだけだ。
アメリカ人はそれでも満足かもしれないが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする