【WBC】アメリカ、プエルトリコにコールド負け

「米国、プエルトリコに1-11コールド負け」

WBC2次ラウンド2組は14日、1次ラウンドC組2位の米国がD組1位のプエルトリコに1-11の七回コールドゲームで敗れた。

D組2位のオランダがC組1位のベネズエラに3-1で敗れたため、日本時間16日の敗者復活1回戦、米国-オランダで負けたチームが敗退となる。

正直、アメリカには優勝して欲しくない。
「本気出してません」モードが抜けきってないから。

みんな優勝目指して必死でやっているのに、ベストメンバーじゃないよ、みたいな顔して優勝されたらかなわん。

資格がないのだ。

アメリカの選手は必死だろうけどサ。

それからちょっと表現がおかしいけど、日本シリーズのアメリカ版を「ワールドシリーズ」と呼ぶが、これもどうかな?という状況に本格的になってきた感じ。

これでアメリカは2敗か。

アメリカでイマイチWBCが盛り上がらないのは、「勝って当たり前、負ければ恥」だから。

リスクしかないから応援に熱が入らないのだろうが、もう「勝って当たり前」じゃないぞ。

ちょっと気が早いが、次は本気でくるか?飽くまで手加減モードか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする