「潔白だ」と言えば通るのか?

「民主党の高嶋、平田両氏がマスコミに八つ当たり」

 民主党の平田健二参院国対委員長と高嶋良充筆頭副幹事長は一部世論調査で小沢一郎幹事長の辞任を求める声が7割を超え、内閣支持率が急落したことについて、原因は小沢氏をめぐる報道だとマスコミ批判を行った。

 平田氏は「報道によって国民世論は大きく動く。国民はマスコミやテレビの報道を正しいと思っているから、事実かどうかわからない状態で報道することでそうなるだけだ」

「菅谷(利和)さんの事件だって冤罪(えんざい)だったじゃないか。あの時のマスコミの報道の仕方はどうだったんだと、もっと反省しなきゃいかんではないか!」とまくし立てた。

菅谷さんは塀の中でしかモノが言えなかったんだ。
小沢とは違う。

報道がどうであろうと、胡散臭いのは事実。
そこを説明しろと言ってるんだ。

「政治とカネ」で疑われている奴が自民党とは違うと言えるのか?

国民に納得のいく説明をすることがそんなに難しいことなのか?

報道の仕方がどうであろうと検察のリークがあろうと、国民に不審があればまずそれを晴らそうとするのが自然であり、直接的な発想だろう。

はぐらかして逃げ回れば、疑われるのは当然だ。

世論調査の結果をマスコミのせいにする前に、自ら世論に訴えることをやれ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする