「朝生」でホリエモンがビックリ発言!

日本を元気にするためにどうすればいいか?

なんて議題で喋ってるホリエモンは意外にと言ってはなんだが、パネリストとしてサマになってた。

というのも、これまでホリエモンに対するイメージが、

ビジネスで一度成功したが、ただそれだけ。
奇をてらう発言で才能ある人物を演じてるだけで、特に何か考えを持ってる人じゃないと思っていたからだ。

ちゃんと喋れることに驚いた。

しかし・・・

番組最後になって、「国を守る」という議題になって驚くべき発言。

「中国が攻めてきたら尖閣をあげればいい」
「いまどき攻めて来る国なんてあるわけない」
「なんのために攻めてくるんですか?」
「中国だってあげると言われればいらないというに決まってる」
「尖閣を取られるとなんか問題があるのか?」
「ケチくさい」
「何かあれば、アメリカでも、国連軍でも助けに来てくれる。」
「世界が許すわけない」
「カネで買えばいい」
「結果的にベトナムは勝ったじゃないか」

録画してなかったので、断片的だが、こんなことを言ってた。

理由は不明だが、かなり興奮状態でまくし立てていて、奇をてらった天邪鬼発言という感じではなく、本心からそう言ってるようにしか見えない。

まともに反論する者もほとんどなく、あげくの果てには、他のパネリストに

「ホリエモンが言わんとしているのは・・・」

的なフォローをされる始末。

パソコンのキーボードだけ叩いて財を築いたわけじゃないだろうが、現実離れしている。
カネ持ってるから、どんな世の中になっても自分だけは無事に生きていられると錯覚してるんだろうか?

国連軍が動こうが、アメリカが助けに来ようが、例え、ホリエモンの考えるような結果になろうが、その「結果」に至るまでに、日本国民が何千人、何万人死んだらダメでしょ?




キャッシング