「暴力団非合法化」 ウム、まさにその通り

「山口組本部前で弁護士190人がデモ行進」

神戸市灘区の指定暴力団山口組総本部前で、全国から集まった弁護士190人が「暴力団非合法化」を訴え、デモ行進した。

弁護士が暴力団反対のデモをするのは全国初という。

弁護士は、

「暴力団は解散せよ」
「非合法化実現しよう」

とシュプレヒコールを上げながら総本部の周囲約1キロを約30分かけて行進。

実行委の垣添誠雄副委員長は「暴力団対策法は暴力団の存在を認めていることが前提。病巣を根本から見直すべき時期にきている」と話した。

弁護士というと時に、凶悪犯罪者を遮二無二擁護する姿が、それが務めとわかっていても、悪人の肩を持つ悪人に見えたりするんだが、何を思ってこんなことを始めたのだろうか?

きっかけが何かあるのかな。

いずれにせよ、まったくその通り。

暴力団というのはその名の通り、暴力的組織集団だからこそ暴力団なわけで、それがわかっているなら放置しておいてはいけないんだよ。

すごい矛盾なんだよね。コレ。

「指定」するなら解散に追いこまにゃ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする