「日本人を見習え!」といえる世界的アーティストはいるか?

メディア・パンデミック。 TSUYOSHI TAKASHIRO -BLOG-

昨今の話題のひとつは、豚インフルエンザだが、
このターミナルを見渡す限り、マスクしている人は、ほとんど見ない。
そのマスクをしている人は、日本人だけ!!!!
中国人や韓国人かと思って、わざわざそばに行って確認したので、間違いない。

国際空港ターミナルで、日本人だけマスクマン。
その光景は、国際道徳に反するなどではなく、滑稽だ。
礼儀的にもマスクはとった方がいい。
つけてる人が患者のようで、周囲に不安を捲いているのを気がつかないのだろうか?
どこかの国の隣のお婆さんが、怖がってますよ。
ガラパゴス化は、技術ではなく国民性になってしまったようだ。

まったく、バカげた物言いだ。

なんのためにマスクをつけるのか?
自分が感染しないため。引いては他人に感染させないため。

「『周囲がマスクをしていないから』という理由で海外ではマスクをしなかった。」という日本人旅行者の発言が多いが、むしろ、世界中の人々が日本人を見習うべきである。

結果として今回の新型インフルエンザが驚異的な被害をもたらさなかったとしても、である。(現在、WHO 世界保健機関は新型インフルエンザの危険度をフェーズ5 パンデミック(世界大流行)の一歩手前としている)

見た目や礼儀も大事かも知れないが、
我々はニセモノに備えるのではなく、「真のパンデミック」に備えるのである。

学ぶことも大事だが、学ばせることも大いにある。
世界で働くなら「日本人を見習え」と胸を張ってほしいな。