「ひき逃げ」行為に最大の罰を

「酒気帯び」でも一発取り消し…道交法改正案を閣議決定

政府は27日、飲酒運転など悪質運転への行政処分を厳格化することを柱とした道路交通法施行令の改正案を閣議決定した。今年6月1日から施行される。

「酒気帯び運転」
・呼気1リットル中のアルコール濃度が0・25ミリ・グラム以上
違反点数13点→25点、過去に違反歴がなくても1発で免許取り消し。

・同0・15ミリ・グラム以上0・25ミリ・グラム未満
6点→13点、免許停止期間が現行の30日から90日に。

「酒酔い運転」も25点から35点に引き上げ。

免許取り消し後の欠格期間の上限も5年から10年に延長。
危険運転致死罪は8年、同致傷罪は被害者の負傷程度に応じて最長で7年。
酒酔い運転による事故、2~5年から3~7年に引き上げ。
いずれもひき逃げが加われば最長の10年になる。

なんか肝心なことが抜けてない?

今一番問題になっている「ひき逃げ」がなぜ起こるかといえば、酒を飲んで事故を起こしたことが発覚した場合、重い罪に問われる可能性があるからで、

だったら、いったん、その場を逃げて、酔いを覚ましてから、出頭した方が罪が軽い、なんて発想になるわけだ。

この「逃げ得」がある限り、助かる命も助からないケースが頻発するのだから、
「ひき逃げ」はすべての罪の複合に匹敵する最大の罰が科されなければ、逃げ得という感覚はなくならないのでは?

ひき逃げをしたら酒飲んでようが飲んでまいが関係ないとしなくちゃ。

ひき逃げ以外の罰を重くするだけでは、いよいよひき逃げを誘発する結果になるだけ。